月読みの森

甘城ブリリアントパーク 9話

四人の精霊さん、実は息が全くあっていないので、だめ出しをされる
実は、以前の人達がやめたので、急遽入れた人たちだってv
んで、姫様がお茶に呼ぶのだが、……そこで押してはだめな…むき出しのボタンを押して、…脱出にかかる、とv
…その間にもいろいろとv
で、最初の試練は、カラオケ
合計で300点を目指すのだがね…ひとり音痴がいてねぇ
で、もvミュースが頑張って100てんとりましたとv
次はダンスv…ここでは、こぼりんが壊滅的だとvんで、やはしだめ、だが、こんどはしるふぃさんががんばりくりあv
みっつめは…タイピングv
あららん、サーラマさんすごいとかv
デ、最後は、……犠牲者を選ぶと…でも一票自分に入れればいいのだとかv
んで、みんな自分にいれて皆生存v
ンでボタンを押して復旧v
で、息もぴったりv

おおv壱万人に近くなっているねv

あのこととは?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ログ・ホライズン2 第10話 | 月読みの森 | 七つの大罪 10話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |