月読みの森

甘城ブリリアントパーク 10話

おやんv生協ですなv
色々とやってるみたいですなv
しっかもライトアップかv
出、リニューアルは……いまいちだね
んでそこでテレビ取材
例の件は…難しいけどって、なんでしょう?
テレビはいいね、んで、明日は取材とかv
夜には…慰労会?
姫様も…嬉しそう?
なのだが、姫様は…倒れてしまった
かにえくんはなんだと問い詰め、
昔話を始めてます
昔、竜が来て、魔法使いが姫と交換に竜を退治した
のだが、魔法使いは攻撃され……姫は…エネルギーを渇望していく呪いをかけられたらしい
それがらティファ姫で、パークがつぶれたら…そういうことらしいv
出、姫に対峙するのも辛い
だって、目標数を達するのは不可能だから、
デモ姫にとっては今の現状がキセキだから…希望を信じると穏やかに言う
それに何かを思い出し…本当にいいのかと聞き……何かを決意するv
出、翌日の会議で…なんかかにえさん焦っているv
デモ何もなくて時間は過ぎていき
あせるかにえさんv
家でも愚痴る…
んでいよいよ夏休みだv
出、夜…もっふる卿とお話し
なんと昔…合ったことがあるらしい
で、なんと彼女の呪いは…もひとつあったらしいv
んで、8月1日が来たら、かにえのことも忘れると
でもかにえは…一念発起v
ついでにもっふる卿も足掻くとか
で、なにかをみつけたらしいv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ログ・ホライズン2 第11話 | 月読みの森 | 七つの大罪11話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |