月読みの森

神さま始めました◎3話

かむはかりの間へと行ったら、……宴会?
戦神さま怒るけど…はっきり言いまして相手は怒るけど
おとひこさまが助けにv
ってか、読んだの誰と言えば、
ミスが上がって私だと大国主様が?
で、よもつひらさかに行ってこいってさv
なんと門が開いたんだってvだから、…ななみちゃんv抜擢v
んで、…代わりにみかげちゃん探してってさv
で、ガイドに、おとひこさんv
引っ張って行かれてるよ
で、門では…元あくらおうさんが唆しているよv
そこへななみちゃんv
きたのだが、
あ、人質にして飛び込む…ななみちゃんも飛び込むv
…あららん、ともえ堪忍袋の緒が切れている…が、ねぇv
しかも雪降ってるよv
で、ともえさん酔っ払ってるよ…で、600ネン前の話v
あくらおうさんが来たってさv
で、ちっしころのねーさんが逃げた先にともえがいたらしいv
で、水玉さん、なでなでなでしてたら、ななみさんに呼ばれて帰りましたとv
したら、書き置きがv
…ちょっと酷いけどv
あら、そのころのななみは……何かに目をつけられているねぇv
で、起きたら、鬼らしいのが食い物を勧めるがねぇv
元あくらおうさんが救うとv
でも鬼さんに襲われて……にっげるv
いくさがみさん…かむはかりに呼びに来たらしい
そのころのななみはたき火v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒子のバスケ54話 | 月読みの森 | 新妹魔王の契約者4話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |