月読みの森

まじっく快斗1412 第17話

今回は、げきじょうだな
獲物はエメラルドだってv
で、すでに入り込んでいるかいとくんは、中森警部の一言にぎくんv
したらば、役者さん達のトラブルv
今泉さんって人の独壇場ですってさv
しっかも帰りますとか…いうけど、ふるはためぐみさんって人止めるけど、才能ないよと言い切り…帰りましたと
それ見ていた大道具さん愚っ痴りv
かいとさんは翌日の仕込みに行ったら、さっきのふるはたさんが一人演技をしているよ
で、それを見ているのを見てたら、悲鳴vだけど、褒められて…も、だめなんですってさ
怯んじゃうのね
でもそれにアドバイスして
ついに当日v
あ、またあおこちゃんを唆してその場にいるのねv
中森警部、発憤してるねv
かいとは…ラブロマンスとは知らなかった模様v
んで、演劇開始v
一回目は来なかったv
ってあらららん…れいこさん、メイドをいびるねぇ
しっかもそれを相手に任せ、…消えろとかv
でもみんなはそれを励まし、ラストだよっとv
で、いよいよクライマックスv
…の時に光が充満vすんごいねぇv
で、その瞬間にとられましたよv
で、電気室からみんながいなくなって………おいおいおい…また人形かい
んで、いきなりナレーションをして、ふるはたさんをピックアップv
して、着替えさせ…ビッグジュエルじゃないので、返すってさv
んでもできないと思うときささやくキッドさんv
そして消えるv
ふるはたさんは……
歌い出し……
劇は……無事にv
続きましたっとv

で、めぐみさんあれ以来、でてるけど、
理想の男性は怪盗キッドだってさv
あはははのはv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<七つの大罪17話 | 月読みの森 | 黒子のバスケ54話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |