月読みの森

新妹魔王の契約者7話

歩道橋の上で、結界を張って始めると
ばさらは妹ちゃんと
たかしには二人がかりで
でばさらは……妹ちゃんをやっつけて…助けて
次は…ゆきちゃんv
柄の部分で殴って……薬で眠らせると
みおたちのほうもあっぶないv
が、逃げられちゃったとv
そこへゆきちゃんが
来てばさらが守ろうとするのを守るといい
まりあがみおちゃんに迎えに行ってあげてほしいとさ
んでいった先には……うなされるばさらがいて、…くるみちゃんはほだされる
で、もvみおちゃんの呼びかけに……抱きしめられて………守ってあげてと言われ……
起きるのねv
ゆきちゃんとしては…裏切ったのは私たちだと想っているのね
んで
そのピンチには、ばさらくんがv
で、たかしくんの言葉にv
戦いに行き……白虎はピンチになると自動防御が働く、とv
そんで…暴走したのね、白虎v
で、風の防御を突破するために
ゆきちゃんさくやをふるうv
そんでばさらもふるい
ぷちんv
で、たかしが暴言を吐いて…みおちゃんが怒ってびんた
しばさん…とりあえず正当性を欠いているからと帰るってさ
そんでしばさんは…強いのね
くるみとゆきも帰るね
そんで決壊は溶ける、とv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<暗殺教室5話 | 月読みの森 | 神様はじめました◎6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |