月読みの森

神様はじめました◎7話

で、くらまの元へ…連れて行くv
そんで、小山の現状を訴えるv
が、俺に何もできないとさv
でも…というぼたんまるくん、下界の毒を吸い過ぎで倒れる…しかも鞭の後もあり
規制することに?
んで、ちょいっと回想v
で、おぼろ車で送っていくななみちゃんv
あら、こないだもらったももたんを飲ませたらしいv
で、表鞍馬から裏鞍馬にv
その間に、優しい兄ちゃんのことを思い出していたら…
結界だと気づき、いこうとしたら、すいろうさんが出てきた???????
そして自己嫌悪を引き出し、殺そうとしたけど笛の音が聞こえてきたのに、偽物とv
で、狐とななみと再開してv
門前に行ったら、お兄さんがいたけど……二人には優しいのに、ななみたちには…冷たい?
すいろうさんは……離れたとこにいて、そこでもてなすとかv
…ほんとにねぇ
……………あら、あの白髪のやつが次郎丸のとこにいるよ…こわこわこわ
って、なんか黒い????
あ、ななみさん邪険にされているのか
あ、損で噂の桜にv
そんで、そこでさっきのうりぼうを埋葬する三人と遭遇v
んで話を聞いて、桜を咲かせます
そんでにっこりv
だけど、花が散っていくとv
それに浸っていたとき、そこに次郎ちゃんが

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新妹魔王の契約者8話 | 月読みの森 | ログ・ホライズン2 第21話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |