月読みの森

神様はじめました◎8話

ななみちゃん、脅されていますよv
…ねぇ、次郎まるちゃんv
あ、名前呼ばれて……ななみちゃん逃げるv
次郎は……惚れたなv
んで、ななみは…ともえに抱きついちゃったv
すいろうは……なんか変?
で、しんじゅろう……ももたん出すけど、…そうじょうぼうには届かないと
どっかに幽閉されているかな?
っていう話をしていたら、……仲間たちがやってきて………後を継げとさ
でもしんじゅろうはいやなのだが、ちびちゃんのまなざしにいやとはいえなくて
すいろうが止めてくれた
が、頭を冷やしてくるとさ
その後で……ななみの決意もv
くらまは……どうしようかと悩むが、前向きに行こうとする…ななみとともえに言葉をv
道場では…弱い…優しい天狗が外へとv
で、それを大丈夫とちっさいのがいうv
心は温かくなると
それは次郎も同じv
だけど、あんた誰よってのが結界のあながとか言えば、かけ直したよv
そのななみちゃんは…ともえと同じ部屋とかv
で、目の届くところにいればいいとか…言ってるよv
そんで………計画を練っているよv
そこで、…誰と誰が行くかとかv
夜中には、…ともえの独り言v黙って守られてろとさv
当のななみは…寝ぼけて布団に入り込みv
ともえは…………心乱れる?
で、翌日…策とは………神様の代理を鞍馬にするとかv
んで、……いきましたよんv
で、ななみも入り込みましたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新妹魔王の契約者9話 | 月読みの森 | ログ・ホライズン2 第22話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |