月読みの森

神様はじめました◎10話

たいまけっかい、……張り終えて…………
白札で、探したら、じろうさんがきて、壁をぶちんv
したら、扉があって
ななみとじろう一緒に行くことに
って、天狗が再起不能になったとこだから封印されたとか…って、すいろうのことだよね
で、雷獣の穴について、…じろうは…飛んでいったけどねぇ
雷が来て………ななみもいくとv
あ、じろうくん……すいろうを思い出し……死んでしまうと想ったら体が動いていたと、後悔はしていないと…いうのに、じろうもだv
で、しんじゅろうは…トラウマで止まるけどともえは………いくvあ、しんじゅろうもいくv
あらららん
危機一髪のとこで、ともえがきたよんv
んでやっつけるけど……ななみが気にするのは、じろうくんvだよねv
って、しっかりちゃっかり…告白までしてるv
ついでに雷獣が魂をはきだしてるよんv
で、じろうは…かっこよく言い切ったけどねぇv
ももたん…あげたけど、
ななみは泣くv
飛べなくなったら、どうしようかなと泣くけど、
それで本望だってさv…ってとこですいろうさんがきて、苦虫m¥苦虫v
あ、くらまは、…てれ?
でもじろうは…まだ起きないv
じろうは…後悔のなかにいてv…でもそうじょうぼうさまは………皆間違いをするとさv
で、そこで起きたのねv
で、いったら、………逃げたよななみv
んで、ともえは………なんかいろいろとぐずぐずぐずv
言葉に傷つくななみv
あ、花見をするのねv
すいろうさんは…毒舌なのねんv
で、……じろうくん…隣に座らせて…とんで、
桜の上にのせたよんv
そんでここにいればいいとかいってますがね
ともえくん……放心してますなv
で、からすは………アドバイスしてますよv
で、ななみは…………………ともえのはなしv
ももたんは……彼のためにってさv

んで、
tななみは…酔っ払って
おいとましよってさv
で、おんぶしてもらって下山v
大好きと告白までしてv
で、ともえもv告白返しv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新妹魔王の契約者11話 | 月読みの森 | ログ・ホライズン2 第24話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |