月読みの森

まじっく快斗1412 第23話

お母さん……にかいとくん怪盗さんのこととマジック破りさんのことも聞くv
そこで……ベガスでマジシャンとかもいいけどねvとvお母さんからv
でもそれに、かいとくん悩むv
あ、学校で白馬君と会話会話v
ついでにあおこちゃんから手錠の形がとか指に塗料とかv
それでなんかわかったらしいv
で、その夜v
ねづざんもいろいろとv
したのだが
そこで羽が舞うv
なんと天井にはっつけてあったとかv
で、…なんとまたコインにとか
なのだが…ねづさんのも偽物とか?
でそこでみんなが出て行ったら……
キッド…が出てきて……演説v
そんで超えたいなとかv
したらそこに組織の奴らがv
したらそこでねづさんがこるぼうだってv
で、しっかりマジックをv
して
二人して………飛びながら怪盗とマジシャンの共通点を語るこるぼうv
そして消えていくv
んで、戻ったら……ままが消えていてv

後日
あおこが誘った白馬とあかこさんがv
そして…探偵団つくろうってさv

そこでいったのは
怪盗キッドを超える怪盗キッドになるとかv


最後にお父さんからのメッセージv
そして超えてやるとv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<七つの大罪24話 | 月読みの森 | 黒子のバスケ61話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |