月読みの森

暗殺教室10話

うん英語、いいねぇ
本場仕込みかなv
でも不満な先生v
だって優雅にお茶飲んでますからねv
で廊下でワイヤートラップにかかっているよv
で、その人は…殺し屋の斡旋してる人だってv
んで…イリーナさんを撤退しろとかv
そこに先生が来て…仲裁してますよv
どっちがからすま先生を殺せるかでとv
うん
イリーなさんは……ねぇ
からすませんせいは…メリットをもらってます
そんで…………威圧されているねv
一秒間あれば、五回させるとかにんまりとv

先生は…リタイアして
イリーナさんのみにv

ワイヤー使って……頑張っていますねv
そんで、からすまはいいねってv

先生から頑張れとさv
………一秒間に備えて鎧を?
午後……そにっくにんじゃってのを見に行くってことで、なぎさとかるまも連れて行ってってv律もだって
で、…授業までv
うんで、映画もしっかりと通訳付v
そんで帰ってきて……映画の感想ももらってますv
うん
で、
新しい転校生かなv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒子のバスケ62話 | 月読みの森 | 新妹魔王の契約者12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |