月読みの森

境界のRINNE2話

………あららんおばあさん、なんか悪徳商法みたいなことしてますな
夢でv
で…桜ちゃんv夢を分析v
したらば、学校でもみんなが見ていたらしい
んで、お供えしてて、そこに六道君がいて、桜ちゃん問い詰めるvとv
デ、途中でおばあちゃんがきたよv
んで、犯人?はおばあちゃんだったらしいねv
しっかし…若いに敏感ねv
そんで、戦利品を没収とかv…して、りんねちゃん追いかけていったよv桜もv
そんで、ここに来たことあるよと
デ、袖がとれたよ、んで落ちたv
そんで、縁日のとこvでv
追いかけられて…ウサギに導かれてますv
そんで、三途の川にv
あ、それをおばあちゃんの使い魔が発見して……
助けにいくことにv
桜は…やりきったからいいとの空気になじんでますな
で、板に乗って…輪に行きかけたんだけど………持ってた袖で、未練を持って落ちるv
それを六道君助けるとv
でもそこにウサギさんが来て……邪魔するがね
桜さん何かを思い出してるv
うん、あのウサギに誘われて…来たらしいv
そんで、桜さんここに来たよとv
それは、だましがみってのらしい
で、それはおばあさんで、何で幽霊見えるのっとv
したら、飲み食いしたらしいvだからだねv
そんですっきりして、二人は帰るv
そこで、なんで暮らさないのと問えば、祖母は死に神で、俺は人間みたいなとかv
そんで、黒猫がv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アルスラーン戦記2話 | 月読みの森 | 食戟のソーマ1話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |