月読みの森

ベイビーステップ2 第3話

留学七日目
今までやってきたことを信じてプレイすることとして
勝ちましたとv
で、いろいろとv
夜にはパーティだってv
新年の、だねv
あら、ここで、マーシャが13歳だと発覚してますよv
それ見て、そうちゃん、むかしのなっちゃんとかとのこt、思い出してますなv
あんとき以来だとv
そんで、試合おけというついでに、なつとはどんな感じだとさv…婚約者とか言いますが、うそだよv
とかv
ついでにいろいろな話をv
で、そーちゃんと試合なのだが、そこでいっこ約束v
で、
それは一方的なゲームでvすが、すごさがわかるようになっていましたとv
でも真剣に対峙するえーちゃんvも、すごいねv
アレックスさんは何か悩んでいるらしい
んで、アレックスとえーちゃんだってv
スリーセットマッチだったv
デ、試合…だが、データと違うけどね
戦略変えてきたとかデ、第一段階突破だってv
デ、読まれたのがあらんって感じねvアレックスさんv
でもここで、アレックスも奮起v勝たせてはもらうとv
でもねぇちっと難しいv
でもお父さんの言葉に迷い?
というか、もう一歩進むためにv何かがたりないとか
うん、そんで、データにないテニスをするというアレックスv
そしてえーちゃんはv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<響け!ユーフォニアム2話 | 月読みの森 | アルスラーン戦記3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |