月読みの森

アルスラーン戦記4話

とりあえず、ナルサスのとこへつきました
したらば、すてきな言葉の応酬v
そして自己紹介v
して、中へ入ったら…見てはならない絵を見たとv
ついでに食事時にナルサスの奇策の話v
あ、そこで奴隷解放の話とか、ついでに退散させるよとかv
デ、そこでなんかしたらしいね
で、褒められましたv

ナルサスはやだというけど
その理由がねぇv
でもアルスラーンはそれに直球でv
あ、そこで、奴隷制度廃止をすればよかったといい、だからこそ嫌われましたとv
それに、ダリューンも私もだといい、ともに嫌われようとv
それにナルサスは…一応の礼儀は見せるのねv
その夜…ナルサスとダリューンは裏話vひそひそひそv
翌朝、なるは絵を描き、それを見るアルスラーンv
うん、エラムは…嫌っているのかな、
そして話して、奴隷は解放すべきかなとさv
自分で考えろとさv
あ、そこでカーラーンの手下が来たねv…うん、ダリューンの策略でv
あ、そこでエーラーーンと名乗ってるが、バフは死んだとさvあらんvやはしいらいらんv
だがそこでナルサスは…やーだよといって落とし穴に堕としてますな
それを見て、ダリューンは殺気を飛ばし、アルは…涙する
食事をしながら、ナルサスの取りこみv…なんと、宮廷画家として迎えるとさv
アンドラさんに嫌われているけどそれでもいいとv
で、ナルサスの忠誠をもらったよv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<えへv | 月読みの森 | 境界のRINNE4話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |