月読みの森

境界のRINNE13話

霊道にいる間宮桜さん…霊につきまとわれているけど、…記憶は改ざんされていて…ねぇ
んで、あんたならできると言われてv
ふと見ると……ATMで、10000円とかいわれ……だまし神とばっれたv
あ、そこへ六道くんv
ついでに仮面の美女がvきて、観察してみたら、合格vだってv
そんで、婚約指輪をはめてあげてっとさv
でも、指輪の代金は…輪廻ちゃんに請求だって
でも桜さん、もらえないといってるね、クラス名tだとvあ、それにショックを受けているねv輪廻くんv
そこへあげはちゃんがきてますねv
それにげっとなった秘書さんv煙幕で……逃げましたとv
あ、そこで事情を説明v
あ、投げ銭仮面を崩したら、………お姉ちゃんだったv
って、あらららん、そこに社長さんv
そして、…お姉ちゃん事情説明して
パパといい
あげは切れるっとv
そして混乱だけさせて……にげるとv
アゲハたちも追いかけるv
でも場所がわからなくて………ねぇ
そしてあげは罠に落ちるvで、くどいようだが誤解だといっときますねv
あげはは………蜘蛛の巣に落ちている
んで、誰かに助けられているv
だがそれはだまし神で、ねv
桜さんは……………………も、だまされかけてますなv無理ですがv
あげはは……………三万円払って船に乗り、五万円で浮き輪買わされそうにv
ついでにあめもv
んで、…………輪廻はあきれて帰るとv
桜は偽輪廻に囲まれて逃げるv
あ、そこに本物…ではないなv
指輪をはめようとするも………じーーーーーーーーーーーーーーーーっとみられて惑い……ばれたv
輪廻は…ちょっと落ち込んでいたが、100万円の賞金首に…我を忘れ………やっつけるとv
そんで一応かっこつけてだまし神を憎む者だとv
それにあげはちゃん抱きついて……間の悪いことに桜ちゃんがきたとv
でも誤解は解けないままに…桜は帰ると
でも後ろを振り返りつつv

輪廻は……眠れなくて……
あげはは……輪廻に惚れたなv
桜は……ねているが、ねぇv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<上賀茂てづくり市 | 月読みの森 | 黒子のバスケ74話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |