月読みの森

赤髪の白雪姫12話

白雪ちゃんベッドでおめざv
だけど…しっかりと告白されたことは覚えていて…またなと言ったのが心強かったってさv

って、あれ、なにがあるのかなv
城に人がいっぱい集まってるよ
王城開放日か…何年かに一度やるらしいv
で、ぜんのこと考えてたら、衛兵の格好したぜんに拉致られてますよv
そして誑しとりますなvぜvん
でもそこにききとみつひでとおびv
が来たので、5人でいくってさv
あらん、白雪ちゃんは髪を隠してるvいやしゃーないよねv
あ、そんで、みつひでとききから感謝の言葉をもらいましたv
その間に、おびは…闘技会でななきと名乗って優勝したよv
そんで今度勝負することにv
あ、そんで、時間になったよv
で、いっちゃったら……おびが髪飾りをあげたよv…下心あり????
ああ、王子様二人が手を振るのねv
それを見に行くとv
したら、この先のことを二人は…語るが……白雪ちゃんはちょっと距離を感じるね
あら、りゅうくん…けが人が出たので、白雪を探していたv
んで、手当てしたのだが…代役頼まれとるよv
あら、そんで王子…見とれてるv
あら、ざんばら髪の人…なんかおもっとる????????
で、台詞言ったら……終わりなんだけど……座長さん髪の毛をさらすとかv
しっかもねぇv手の甲にきすとかv
それはぜんはよしとしないねv
仮面をつけて……舞台に飛び出しとるv
でも、かっこいいねぇv
で、示してくれてるのを白雪ちゃんは……
頑張ると
示すよとv

最後に風船飛んでいく中で、みつひでの小言だってv
でも
さいごにはいいふんいきv
さってーと
え?終わり?
続けよ
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日は人間ドックv | 月読みの森 | WORKING!!!12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |