月読みの森

ヤング ブラック・ジャック3話

今回はベトナム戦争の時代
で、
患者さんは脱走兵で
はざまくんは先輩に襲撃されている
そんで、カレーうどんを一人分だけつくって食べているねv年相応だなv
あら、魚さんをかっていて、手術の練習してるらしいv
あらららん、さっきの脱走兵さんは…同じアパートの人らしいv
あ、しかも同じ高校の二年下の人がいるね
で、病人がいるので、診てくれと言われて…無理だと言いますが……で、先輩が診るv
熱もすごく………はざまくんも診ることに
んで、事情をきくも……ねぇ
反戦活動家で、脱走兵とわかったらしいv
ほんとは逃げるつもりなのだが
頭痛がひどくて、でも医者に診せらんなくて
後輩くんの産婦人科に行くことになりましたv
で、診てみたら、
脳浮腫だってv
んで、このままでは死ぬぞと
したら、女が、おまえがやれと…ここで治療したら、医者になれないというけど、
それがどうした土佐
むちゃくちゃなエゴイストだってv
だから、他人にまで要求するなといい、救急車を呼んでくるといい、銃を突きつけられても……義理はないというけど
女は…飛行機に乗せるといい
それ聞いて、はざまくん、葛藤葛藤v
そこで、命の恩人の先生が出てきて……もどりました
そんで、減圧開頭術するってさ
…うん、女の言葉には同意してないのよね…って、女よおまえはナンだ
で、はざまくんは……がんばるって
んで、成功
したのだけど…脱走兵さんは……CIAだって
んで、どっかの教授を驚かせたね
で、……はざまくんのことも……抹消したらしい
ので、
終わってないらしいv

まだ、純粋なのね、はざまくんv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ノラガミ ARAGOTO 3話 | 月読みの森 | 櫻子さんの足下には死体が埋まっている2話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |