月読みの森

櫻子さんの足下には死体が埋まっている4話

本日は、呪い
とりあえず、しょうたろうくん、買い物で、お母さんとお話ししてたら
内海さんからお電話で
友達が呪いで死ぬとか言ってるので、説得お願いしますとのことv
直で言っても櫻子さんに断れるからってさv
んで
いらいら櫻子さんの運転で、その友達のところへv
したら、ヘクターって犬の話v
なんか、夏目漱石の犬と同じだとかv
あ、絵が…v死体を好む…蝶が描かれているv
あらんvで、暖炉談義とかv
で、へくたーさん…後ろにいるとかv
んで、…櫻子さんは紅茶とコーヒーが無理で…ジュースに
なって
しょうたろうくん、手伝いして、…やはし奥さんは…悲しいとv
ついでに、内装はカラフルにと…って、話していたら
旦那さんの怒鳴り声で
うん
ものごっつ心配しているのねv
でもそれに、櫻子さん挑発v
あれ?外に……誰かが?
で、根拠を提示するがね…
あ、そのときには…ヘクターの耳がぴくりv
んで、旦那さん、後を頼むと言うけど…
ねぇ
そんで、そこで外出とか…ケーキを取りに行ったよ
で、ヘクターちょいっと吠える
あらん…ヘクター、死をかぎつけられるのかな?
あ、呪いの絵とか…ももらったらしい
そこでミルクの時間v
外に出た旦那さんは…誰かと会う…ね
助言とかってなに?
家では…いろいろとお話ししていて
そのとき、……返ってきた旦那に
絵の話をして
呪いを解くとかv
どゆことだろうv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ヤング ブラック・ジャック5話 | 月読みの森 | 孤独のグルメ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |