月読みの森

暗殺教室2期 3話

うん
兄弟対決だね
いとなくん上から攻撃vみんなの戦法もだってv
うん、で、触手にはいろんなことがあるとか
でもね
先生…は、進化したv
膜を触手の一部を圧縮してエネルギーを発生させる…んで、いとなくんやられるとv
んで、いとなをおいて去れというけど
いとなくん、敗北のショックにより、精神を侵食していくので
去って行くとさv
しろさん、なんか…恨みでもあるのかv
で、いとなは……飛んでいった
そんで、先生はぱたんとv
んで
いとなはメンテを止めたら…三日で狂い死ぬとさ
で、携帯ショップを襲う
かるまくんはとめるけど、先生は決めたからってさv
で、いとなくんのとこへ先生とみんなが
きたら……しろが現れ、対先生パウダーでいとなを連れ去るv
んで、助けに言ったら……ライトで照らされ…いとなくんをえさに先生を打ち込むのだが
いとな、……無力感にさいなまれるv
うん、執念があるから拾われたんだけどねv
でもそこに生徒たちが来て……助けたよっとv

触手どうしようかと言ったら
過去がなーんとなくわかってきたv
んで…いろいろとしとりますなv
あら、でも寺坂くん、いとな……が、倒すと言えば、無理のあるビジョンやめろとさ
うん
吉田の店もいつかと
そんで、いつかたおせばいいとかv

執着を失い…触手を抜いて

翌日から…クラスに来ましたv
そんで寺坂グループにv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<僕だけがいない街 3話 | 月読みの森 | ハルチカ 3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |