月読みの森

僕だけがいない街 3話

ひなづきの事件は、誕生日までだから……3月1日からのいつかですっと
あ、んで学校生活は…スケートだって
はまだくんと一緒で、いちおうひなづきの応援だってv
で、頑張るけど、……最後は……手を抜いたの?
んで、おまえみたいの嫌いだといわれてますなvんで、それ同じ失敗だってv
んで…帰り、誕生日教えてというけど、嘘つかないと言ったのにと…言われ……離れていったよv
それで、…職員室に…やしろ先生……の出席簿で、誕生日を見ようと思ったらしい……で、同じ誕生日だってv
で、仲良く名といい点……あら
で、Xデーは1日だってv
で、まずは仲直りとv
公園へ行ったら…ゆうきさんがいて、お話v
あら、かよちゃん知ってるってさv
あら、しゃべり方意図して標準語とかv
うん、事情聴取を思い出すねv
で、大人っぽくなったねと…いい
また思い出すとv
んで、ひなづきのとこにいったら、虐待うけて納屋?に倒れてたv
あ、そこに母親が来て、中に入りなさいと
で、そこでその傷はナニと言えば、………転んだといったよ
それに何も言えない主人公さん
………しかも虐待だね……顔を直しなさいと
月曜日……さとる、日直だって
ひなづきと
だけどこない…あ、遅刻してきた
さんすうしてるねvあ、でも首筋でなんか気づいた
んで、先生に直談判すると、先生話すと
じそうの聞き取りもできていないと
でも、下準備はできていて……頑張るとv
あらん、給食の時……給食費なくなって……
隣の女の子…加代を犯人扱いしますが……あら、加代の鞄から出てきて、……あんただと言ったら
さとる……いい加減にしろと、加代がそん男するかと言い切る
で、友達が…委員なんだから、もっててもといい、
先生もそこまでとv
あ、で加代ちゃんありがとといい、…彼女は自分も相手も嫌いだってv
んで、クリスマスツリー見に行こうと言ったら………キタキツネが走り回り……あら、もちもちの木だvでもきれいv
んで、夏担ったらまた見に来ようとv
それに加代ちゃんにっこりv
あれ?
職員室でナニしてるの?先生とけんや
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<金田一少年の事件簿R 雪鬼伝説殺人事件ファイル2 | 月読みの森 | 暗殺教室2期 3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |