月読みの森

暗殺教室2期 6話

もーすぐ中間ですが
みんなは焦る…だって、暗殺期限まであと5かげつだし

みんなは……登校中に屋根を飛んでいて……
降りたところにおじーさんがいて、怪我をさせてしまったと
で、それについて先生怒る
のだが……ねぇ
とりあえず、園長先生の代わりにお仕事とかv
秘密を守ることとして仕事を無償で手伝うと
そこでとんがったねえさnがv
そんでそこでいろいろ聞いて……頑張るとv
渚君とさくらさんは…いろいろとあるけど……
地べたでいろいろと学べばいいさと
そして頑張って二週間がたち
もどってみたら……あら、施設変わっているねv
子供もv
んで園長先生は認めてくれたとv
んで
中間ではとーぜんトップの圏外だったとv
でもカルマくん二位で…いろいろと言ってますなv
んで最後にからすま先生に反省したことを告げて
再び
暗殺開始…かなv

それに満足する先生v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<金田一少年の事件簿R 女医の奇妙な企みv | 月読みの森 | 僕だけがいない街 6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |