月読みの森

僕だけがいない街 10話

…まずは、オリジナルの卒業式の回想
たりないものを埋めていくのが、人生だと考える……と、先生が言って…さとるくん、顔を上げてv
んで
とりあえず、三人でなかにしあやさんに…話しかけると
秘密基地とか馬鹿にして
かずくんが…秘密基地は男のロマンだといい、ひまならこいといい
そしたら翌日、来たよv

かずくんとくっついたv
で、ひろみくんも一人にしないのいいねlとさv
そんで…対照的に一人…いるねぇv
そして…考えてるね
で、ひろみくん…一人になってるねぇと…いい、月曜日に声かけてみると
いうけど、…できにくいvしたら、バスでいっちゃったv
それにけんやくんたちきて、体育館だろっと…で、ひとりでいくとv
で、一人でいるのを確認してトイレに行ったら…いない
で、白鳥食品の車を見て追いかけていくと
…先生には……いろいろといいわけしとりますなv
…先生、手袋しとりますな
で、言葉を言っちゃって……
それに……いろいろとしゃべり
なんか端的なこといい……飴とろうと言えば、…之は僕のじゃないよと
んで……なんかしゃべってるねぇ……獲物とかいろいろいろいろ
それに…後悔するね
リストの…とかね、軽く見ていたとか…やしろのもなまえ、あったんだけどね
で、キャンプ場へと行き、終わりだよとv
未来でも見てきたようだと
之かrするのは、代償行為だとかいろいろいろいろ
で、お話しして殺そうとして川へ来る孫と落としてますね
で、そこで川に落ち、
走馬燈だ

どうなる?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<暗殺教室2期 10話 | 月読みの森 | ハルチカ 10話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |