月読みの森

逆転裁判1話

殺人事件発生して…犯人は通りすがりの人に罪をなすりつけてます
んで、なるほどうくん出勤するとv
で、初公判は…小学校からの友達で、弁護士になったきっかけだってv
…で、検察からいろいろと言うけど……態度と口と頭も悪くって
ものごっつあほらしいとぼけ方してまして
目撃者を召喚するとv…犯人じゃん
新聞勧誘員で…部屋から男が出てきて…不審に思って見たら、死んでいたと
で、公衆電話で電話したのだが…停電だからと
んで、弁護人尋問とか
まずは……矛盾を突いて
時刻を考える人で知ったというけど
部屋に入らなきゃ無理とさ
で、聞いてみたら……二時間ずれているね
そんでそうだっとさv
でも当日にも遅れていたのを証明しろとさ
それ、に、追い詰められるのだが
逆転の発想で…異議ありと言い切りますv
二時間の時差ですとさv
で、賞尾任緊急逮捕だってv
なんと…空き巣でしたとさv

判決…は、とーぜん無罪ですとv
んで、最後…は、彼女も好きだったのだとさv
で、
最後に人のための一歩だよと、上司さんv
でも今後の事件を示唆しとりますな

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ヒーローアカデミア 1話 | 月読みの森 | 暗殺教室2期 12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |