月読みの森

ヒーローアカデミア 1話

ちっさいころいじめられてるでくくんですv
無個性だってさ
いずくくんと言うらしい…かれ、
うん…中国で…光る子供が生まれ
それがふつーになり……ヒーローって職業が脚光を浴びていたらしいv
で、いろいろとヒーローさん達が活躍していて…いずくくんは…おたくらしいv
で、売り出し中のヒーローさんがやっていたら……マウントレディさんってのが来たよv
あらん、ヒーローは…法的職務だってv
で、…いずくは…志望してるけど……

で、かつきってのが……UA志望だけど……いずくくんもだってv
だけど…無個性だから……馬鹿にされる?
その同時刻…強盗がでて……私が来たらしい……誰?
で、放課後…ノートをかつきくんがとりあげてゴミごみしてるね
そんで脅してるね…しかも自殺しろとかそそのかしてるね…いじめだね
で、ノートを拾って
昔を回想…ヒーローの動画の話v…あ、さっきの私だv
で、個性でたら…こうなりたいと思っているけど…無理だってさ
で、関節があるかないかで無個性かどうかが決まるらしいv
それにショックを受けて……ますな……ないとりますし
……うんいろいろとv
でもあのとき決めたらしい……突き進むとv
だけど…そこに…あくが来たv
で、体を乗っ取るために殺そうとして……ますが
そこに彼が来たv
そんで拳圧で吹き飛ばし……ました
で、気を失い……気がついたら……ものごっつ挙動不審v
してるうちに行こうとして……足につかまっていますとv
あってあれ?血が?
で、下ろしてもらうけど…待ってくれなくて……
諦め……なくて問いかける
個性がなくともあなたみたいになれますかと
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<昭和元禄落語心中 12話 | 月読みの森 | 逆転裁判1話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |