月読みの森

境界のRINNE2 1話

ある日…蛇の霊の脱走があり……若手で取り締まりに行くのだが
あげははサボり……っていたら、黒猫族のなにかであったらしい
で、とっつかまってますが……あげはには強気v
契約黒猫の朧っていうらしいv
でも不仲…で、何でかというと…蛇の討伐の時に…怖いのであげは……からかったら、爆破されて……一年間埋まっていたらしい
んで…謝れと言うけど…あげはも性格悪いねv
で、なんか話してるね…
で、翌日かな……六道くんも欠席していたら……マングース霊…帰ってこないのを探していたらしい
で、あげは落とし穴作っていて…朧をひっかけようとしていたらしい

それにマングースが来て
取り合いしてしまうとv輪廻くんとばっちりv
で、くわれたあげはだが
………で、輪廻には……助けてと
で、朧には契約書を好きにしてと言うけど
それまでの行い?
で、そこで回想
ちっちゃい頃、は…かばっていたのかv
で、真意を聞きに行くと
したら……あげは緊急避難用シェルターにいたとv…さんまんはっせんえんのv
中身、すんごいリゾートですなv
で、頭打って軟禁?
したらば、それごとはき出したv
で、その中に入ったら……いろいろでv
あげは…二人っきりになりたかったとかv
で、あげは……あんた嫌いでしょうというと、…ちょっと詰まるv
それに、信頼がいるというvりんねv
それに……すりすりと
で、ちっとごめんねというけど
似たもの同士で
ツンデレツンデレですなv

朧…って、50万円の月給取りだってv
んで、止めない方がいいとりんね
でもそれにはv

たまこさんに
おばさん呼ばわりされて……しっぺv
六文ちゃんは…遠い目v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<56市 | 月読みの森 | 暗殺教室2期 13話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |