月読みの森

境界のRINNE2 2話

りんねくんテニス部にボールの消失を聞いてお祓いにv
いぶり出しをしたら…ボールをためているなにかがv
霊は…ボールひろいだけして死んでいて…なんとかしようとv

十文字くんと桜に協力を依頼v

やるのだが…ものごっつぽんこつでしたとさv
でつくもがみをくっつけてやると
でも無理で
一緒に素振りの練習をしていたら…成仏したとv
ラケットは……相打ちv
後半は文箱?
なんとラブレターがあって、息子さんが寝込んだと…翼くんが依頼された土佐v
したら、取っつかれていた?
のが…代わりに取っつかれた?翼くんv
んで……事情を語り出すと
なのだが
聖灰はきかなかったらしいねv
んで、恋人気分を味わいたいとさv
でいろいろとしたのだが……ものごっつ翼くん…とりつかれていますとv
で、…ころされようとしてるのかな
りんねくんは何とかしようとするも拒絶されていますとv

ものごっつ災難に見舞われるとv
んで、…恋文をよんで…どうなんだろというけど……他愛もないことv
で、発見された倉に残っていたかrには…とか
んで調べてみれば、文箱の中身に数字があり…
事情を知るとv
でも翼くんは知っていたとv
なんと…なんまたもかけていたとv
でも……やおよいさんの霊は…なんとか成仏…できないとv
心中しようとするも…無理だと言えば
成仏していったとv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<まるしぇでんがな | 月読みの森 | 地震>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |