月読みの森

ヒーローアカデミア 4話

試験開始v
だけど
ちょいっと不利…かな
でも
進化はここから問われるらしいねぇ
なんと0pのデカ物と遭遇して…みんな逃げるとさ
いずくもだけど…あと二分と聞いて焦るけど
助けてくれた女子がいて…足が押さえられてたのみて……向かっていくと

自己犠牲の精神でv

あv
でも急増品なので、反動はあるとv
んで、腕も足も……砕けちゃってますな
で、どうしようと考えて…たら、重力の女の子が助けてくれましたとv

0でしたとさv
んで試験は終わり………めがねちゃん思考してますがねぇ
そこにばあちゃんがでてきて……傷をなおしちゃったよv
あ、そんで、めがねくん何かに思い至るね
んで、一週間後
ちょっとぼーぜんとしとりますね
あ、でも訓練は続けてるとv
そこへ手紙が来て……
結果は……
あれ、おーるまいと、UAにつとめるんだってv
んで、改めて結果は……
人助けをした人を排斥しないといい、
レスキューポイント…60だって
んで、合格だってv

はっじまりv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<グレーテルのかまど ぶどうパン | 月読みの森 | 境界のRINNE2 3話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |