月読みの森

暗殺教室2期 16話

おおv元死に神散の体を反物質を埋め込み
そんで、あぐりちゃんを監視につけ
二人は……惹かれていったのかな

あら、鬼チューブトップで…先生鼻血v
あらんv妹ちゃんと連絡を取ったのは…あの日ですとかvねv
あ、出会って一年ですから、今日を記念日…誕生日としましょうとv
んでプレゼント
でも…壁があるし…
子供達に光をともせなかったと
でも…と
で、頑張る力をくださいといい、触手を空気穴から伸ばし……本当のほっほえみをもって……
ふれあったのですとv
三日月になる三時間前と
ああ、マウスが原因ですね…それで月がv

それが先生にも適用され…来年の3月13日にばくはつだってv
で、それをきいたアグリちゃんいいにいくのだけど
先生…はあぐりちゃんを遠ざけて…力を発揮v
して…あらん…柳沢は……あぐりちゃんを足蹴にしてますな
で、彼は迎え撃つと
あら、すんごい姿になっとるねvせんせv
あらららららんvあばれまくっとるねぇv
で、終わった後には、あぐりちゃん生きているのねv
自暴自棄になってる先生…をアグリちゃん抱きしめ……罠が発動して……貫かれたのね
で、どうして壊す力を……守るためにと自己嫌悪
するも
あぐりちゃんは天使v
あ、そんで、ここで……一年をあの子達のために使って上げてとv
いい教師になれるとv
そんで
触手の問いに……
弱くなりたいと
弱点だらけの
彼女の望んだとおりにと

支障はアグリで
考えて…準備して
到達したのは……暗殺教室だって

でその瞬間
過去の…先生との思い出が駆け巡り
ものごっつ難題を…されたとv
で、
3月13日…期限ですが
冬休み…だーれも仕掛けなかったと
うん
で、考えて考えてv
ますとv
あら、んで、渚は…朴念仁ねv
あ、神崎さんはわかったらしいねv
うふふふふふふふv

新学期…からすませんせいはできるかと問えば……できるとv
イリーナは…愚かな殺し方を説教v…つか、悩めよとさv


で、渚……先生の命を助ける方法を探したいとさv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マギ シンドバッドの冒険 3話 | 月読みの森 | マクロスΔ 4話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |