月読みの森

境界のRINNE2 4話

おや やんきーねえちゃんが……スプレーで落書き???????
なんか生徒会長の噂が蔓延している
不良とか?
でもみほちゃんは信じているとさv
でも
その帰り道に……かつあげにあい……ますとv先輩の??????
いえいえ、幽霊だってさv
だから、相談とか
したら、生徒会長さんが現れて
知らないと言ったら
またと言ったり…親切ごかしにとかv
昭和の霊だってv
で、たまこさんよんで…猫…六文をえさにその子を呼び寄せるとv
そんで話をきくと
ゆうきせんぱいにはさくらちゃんがお話
…たまこさん…翻訳…で
逃げられたと
さくらちゃんのほうは…お母さんにたどり着いたv
んでどっしようかなぁとv
で、傘に九十九神シールを貼って……何かを謝りたいとさ
んで直談判すると
いろいろとお話ししてくれましたとv
そんで、死んだことを自覚したと
んで、ゆうきくんに謝って欲しいとさ
でもまた逃げたv
あららん、妹のふりして好きな人に嘘ついていたらしい

タイムホログラフをつかって…ラブソングをv
したら、思い出す……相思相愛だったってさ
でもりんこのふりをしてたってと
大好きだったけどねvとv
で、生徒会長のことをりんことおもいごめんねと謝り……
生徒会長がらんこちゃんといい、
成仏したらしいv
すきだったひとは…かこのものですなv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ヒーローアカデミア 5話 | 月読みの森 | 暗殺教室2期 15話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |