月読みの森

ヒーローアカデミア 5話

おv順位がでて…かっちゃんがレスキューなしで一位
いずくさんはタオスのなしで八位だってv

オールマイトから呼び出されて…お話v
今は0か100かですがいずれコントロールできるよとv
これから火種だけど…これから大きくなっていくと…代わりにこっちはゆっくりとってさv
んで…いよいよ……入学vだv
あ、お母さんかっこいいよってさv
で、行ってみたら……かっちゃんいたよんvあのめがねとvもv
あらん…かっちゃんは脅していたのかねぇv
……あらん、蓑虫の先生がv担任だってv

あいざわせんせいってのは…ものごっつ…ねぇ
んで、個性確認だってv個性使っての体力測定だとさv
かっちゃんは……ボール投げ…700m超えv
…なのだが…最下位は……除籍だってさv
うん、いずくくん……困るねぇ
で、もv日本は苦難の連続だからだってさv
で、まずは…50m
だけど…ねぇv
調整しないとだめだけど…こつは感覚だってv
イメージを反芻するとさvしたらできるよとv
次は握力v…立ち幅跳び…反復横跳び…ボール投げ
だけど……ねv
うん、で、イレイザーヒーローさん…個性を消して………
なれないよと言うけど
ねv
でもv
指先に個性を集めてやっちゃいましたv
かっこいいねぇv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<本をかったよv | 月読みの森 | 境界のRINNE2 4話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |