月読みの森

マギ シンドバッドの冒険 3話

シンドバッド展いよいよダンジョンへと行きますとv
おv兵士さん達もだ
で、隊長さんの危機はしんちゃんがv助けたねv
で、ガキの自己紹介して…どらちゃんと省略してますなv…がっきのけんかだv
あらん、ドラゴンの王様がいるとかねv
んで、隊長さん、…勝手にシンチャンを部下にしてやるとか言い切ったのね
それにしんちゃんは…そうして何人殺したと言うけど
それこそ本望だとさv
んで、歩き出すと
したら、間欠泉がv
だけど…扉にたどり着いても…開かないと
んで、ドラゴンの目にとまるとv
そんで逃げるのねv…そしてまだ死にたくないと叫び……
回想かなv
シンチャンに助けられてますな…つか、お兄ちゃんと好きな王女様が婚約したのねv
で、殺せと言った隊長さんに、当たり前だろとvそんなやつを助けてくれたのかと、民を見捨てる國なんて必要ないぞとv
で、盾を借りてって、サーフィンしとる…んでしっかりとやっつけてますなv
で、玉があってそれをはめ込んだら扉が開きましたv
で、おまえは誰だと問い、…俺は俺だと、船乗りシンドバッドだとさ
んで、一応協力しつつ一緒に進むと
で、お互いに一応認めつつ、なんかの建物にv入り……ランプをコンとしたら……じんがでたv
んで、王になるのは誰だといい、二人ともが俺だといい…戦うのね
そんでどらちゃん優位だが……剣をつかみ殴っちゃったv
そんでまた回想かなvあ、そこで、死ぬのは許さんと言われ……まだ負けれないと立ち向かうv
そしてまた回想…して、悔しいと悔しいといい、まだ立ち上がると
それにしんちゃんも譲れないものがあり……
また激突v
でもしんちゃんのがつよいとv
で、攻略完了v
そんで……外へと出たのですがよこせといわれていやといい、
ゆなちゃんがきて、じんをだし…力を放出v
そんで飛ばされたよ………村へv
したら、お母さんは………死にかけですと
二ヶ月たっていたらしいv
で、…最後の言葉を言いながら……死んでいくお母さんv
あ、隊長さんは……生きて田のねv
で、姫様……人質にして出港して…たらいに乗せておいってって
出港していき麻すっと
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<境界のRINNE2 5話 | 月読みの森 | 暗殺教室2期 16話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |