月読みの森

ジョーカーゲーム5話

今日は倫敦v
魔都倫敦vかなv笑
どこぞの家に誰かが入るv…と、銃を突きつけられて、スパイとして拘束?
で、その人はスパイで、ロビンソンクルーソーって本をもらってますなv
で、潜入したのだがとらわれの身?
んで、どっかにつれてかれて……尋問?
うん疑われているのねv監視されていたとか
で、尋問は続くよねvで、トイレに行くときに何かを見たv
で、続きとかいろいろv
って、見てる?????
誰が?
つか、ばれているのねvゆうきちゅうさも知っているとv

自白剤を注射とかv
んで、…………売られたとか? で、本番?
そんで、……使ってくれとかいい、
暗号の本を見せて、答えて
暗号の解読かな?いやいやいや、暗号…偽の暗号を送れとさv
ちょいっとためらうも……送ったのね
で…も
ダメージを与えなくては離れられないらしいv
で、食事に行くとき……トイレに行って……また見てるねv
角のトイレとかいい
隙を見て……逃げるのねv
でも非常階段のドアはなかったと…トラップらしいねv
で、そこで何かを見つけたらしい
って、いるのにいない?
あ、ボスが来たv
ってあれ、あの人は……ふらいでー?
うわんv
しっかりと逃げてますなv
んで……つか
今回のは……軍に外務省の言うことをきかせるのねv
そのためのわざととっ捕まりだとv
こわv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マクロスΔ 5話 | 月読みの森 | 56市>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |