月読みの森

ジョーカーゲーム6話

10じはつ、大連行きの列車内
子供がだだコネ…男が新聞もってどっかへ…それを追いかける男
便所には行ったら…泡吹いて倒れていた
どゆこと?
あんたんもろぞふってのが…ターゲット?で、新聞に何かがあって…情報があったのね


殺されたと
裏切り者として
で、手に入れた人は……次で降りるのかとか
いろいろと考察している
と、最初の子供達がv
お父さんが満鉄につとめているから……くわしいらしいとかv
で、語り出すのをいいねと褒めるv
で、クイズを出し…て、ますね
んで任務をだし、もろぞふのもっていた新聞の探検をv
でもしっかりとばれてるねv
で、どうするかといえば
子供達を遠ざけて……
にやり?
あれ?車掌もぐるですか
んで、しっかりと眠らせてるのね
って、あらん、エレーナさん…もいっしょだな
あららん、えれーなさんが共犯?
で、脅して……るのか?
とりあえず、駅に着き、
二人をおいて……にーちゃんは……降りる
んで、さっきの答えは
鳩だってv
傍受されているから…伝書鳩の方が早いってさ
でも……情報がうまく機能していないとさ
集めるより、生かすことはできないとさ

うん
スパイは、戦争が始まったら、存在意義がなくなるってさv
でも
やるだけのことをやるとv


あら
軍人さんたちは……
スパイをいやガットル
あの人も
って
d帰還には退場だって
うわうわうわ
こわこわこわ
どうなるのかな?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マクロスΔ 6話 | 月読みの森 | ヒーローアカデミア 7話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |