月読みの森

暗殺教室2期 23話

いよいよいよいよ!
全力を出す先生v
すっさまじいいとうきが吹き荒れてますな
でも先生が不利ですと
そこで回想…弟子くんの…希望をきいて連れていくとこのv
で、それと現在を見て……ちっと後悔
それ見て……渚は…次元が違うと…呆然
していると…先生が…交わし始めたよ
…うん、年期の差ですとさ
ついでに、間違った生徒をただすのは…役目だから、柳沢はでていけと
そいつは……生徒を盾にとる
それを見て……先生sもちょっと…やめろというけど……無理だと
………殺先生の最大の弱点は…ぼくらですと
でも
先生自体はそれを否定
生徒で…生徒を守るのは義務だと
でも…柳沢は……それも否定
したら、かやのが飛び出す…生徒として守らせて欲しいと
やればできると教えてくれたのは、先生だといい…ますが……つきささsり……

それ見た先生…怒る…当然だ
で、それにさらに二代目にいろいろとしてます
で、そのときに…渚逃げようと

で、そのとき先生はいろいろな色に身にまとい……すべてを…纏
教え子にそつぎょうを、と
柳沢は…しにv
あ、そこで二代目の笑顔を思いだし……ナイフで殺します
そこで…認めて欲しかったと…あんたみたいになりたいと
それにせんせいは…今ならわかると会えたら、あの世で会いましょうと
終わった後……先生は……かやのさんの血や細胞を……温存して……
つなぎ合わせて……手術してますv
最後は…電気ショックv
で、蘇生したよ…かやのさんv
うん
そして
先生は…まったりv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マギ シンドバッドの冒険 10話 | 月読みの森 | セーラームーンCrystal36話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |