月読みの森

はんだくん 4話

今日は……ストーカーさんの話かなv
狐顔のにーちゃんのv
…まずは路上詩人にされているね…でもそれは……ねぇ
で、取り巻きさん達は…真相確かめるとv
あ、はんだくん……怒っている…
で、取り巻きさん達はにせ半田を………殴るとv
………単なる半田マニアですってv

持ち上げられて…ばれて…つかばらして……
もどったら……あの詩を書き直して……ました…つっか添削だね
そして……お宅が増えたっとv
その頃…誤解されていたとv

ふゆになったのだv
んで…いつものとは違う遺書が書かれて
自殺騒ぎ
でも
半田くんには関わりない
取り巻きさんはvもvぶれないv
机に向かっていったことばを誤解して
おしまい

おかあさんにはなしかけてみろといわれて
一般人にーちゃんに話しかけているねv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<食戟のソーマ弐の皿 5話 | 月読みの森 | アルスラーン戦記 風塵乱舞 6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |