月読みの森

斉木楠雄のΨ難 4話?

前回の続きで……
くすおくん以外にもいたので
まずはさいこめとりやろうとして
早速来たとかv
……霊能者ですとかv
ですが……この人…見ることと話すことしかできないですとか
幽霊さんから噂を聞いて……ってさ

ものごっつ純真な……えろちゃんv
で……追い出そうとする
んで……その人は……転校生で
守護霊がミエルってさ
で、女子ばっかりみてるとv
…ちゅうにびょうさんは…ちわわで
ねんどうは……霊と間違えてるとvだってねんどう父が守護レダからv
次は…委員長の話
熱い…すぎるので、人間的には…いいのだが…性格的には……あわないとさv
で、今度は……くすおくんとゲートを作るとv

一ヶ月も先なのにして…一応熱さにみんながやるのだけどねv

で今度は両親が……結婚式に行くので独りで留守番すると
そこで
ごきんちょがでて…テキサスに逃げたとv
でもごっきーいるけど……宅配便が来るので……
もどったけど
ねんどうがいて……
ごっきーを手でつぶして……
引き出物のチョコをgと勘違いして……パラオにv

次は男女交際v
ゆめはらちよさんの……倦怠期で……別れの季節だってv
ということで
アシストして……いくことにv

三か月記念日とかいろいろしてるけど
最後の最後で…あっちゅー間に下がったとv
…別れたのかなv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<甘々と稲妻 5話 | 月読みの森 | 食戟のソーマ弐の皿 5話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |