月読みの森

甘々と稲妻 6話

本日は

お友達の小鹿ちゃん(名字だって)にばれたv

一緒にやることに
パーティといったのに、つむぎちゃんが反応して
友達を呼びそうになり…それはそしして、いつか呼ぼうと言うことにv
んで
そのなかで、餃子を作ることになったらしい

当日
やぎちゃんもきて
できる人二人がちゃかちゃかちゃかとやるも
こじかちゃんはわかったみたい
大事にしたいって

先生に焼かせてますなv
あ、皮から作ってるv
で、
あんもつくって
水餃子と
やぎちゃんとこの店の手羽餃子

パーティー

うまそうでしたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Re:ゼロから始まる異世界生活 | 月読みの森 | 斉木楠雄のΨ難 5話?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |