月読みの森

マクロスΔ 20話

………はやてとふれいやの……検査…というなの実験だってv
うん…フレイヤは…ちょっとおっちこみv
んで、開始v
……はやてがバール化刷るかもだからってさv
でもねぇ…歌えるはずないよねぇ
うん…はやてにもわかったらしいが
とりあえず、任務から外すってさv
そんでちっとぐちゃぐちゃ
あ、二人は……v
あら…三雲さんの話が敵方で言ってるv
おっさんがなんかv
で、あの商人さんロイドさんとこで密談かなv
そこへキースさんが来て…お話v
ハインツ様も三雲を気にしてるかなv…で、歌を歌う、とvで、鳥さんをてなづけるのかv
おおv傷のおっさんの息子が宮廷勤めだってv…大会の話ですかv
あれ、医者さん…変わった?
で、そこで三雲さんの話だなv
で、帰りに……キース様が…ちょいっと疑いをもったのですね…双子の…薬を扱う商家にアルものを調べてもらうとさv
んで、回想かなv
ちっさい頃の…つか、騎士団の入団の頃のロイドとの思い出だな
あら、
でマクロスのとこでは歌えないふれいやさんとかv…そこへはやてがv
あ、お二人さんは……ばれたとvでも…見逃すらしいv
はやては直球vしたら…どっちもがやめるとのいいあいですなv
あら、侵入してるねぇvでも…エラーとかv
あ、はやてとふれいやの言い合いのとこにミラージュさん乱入vそして一喝v
おや、侵入者達は……ばっれたvで、歌いながら走る走るvとっ捕まるv
あ、そして最後のウィルスが作動し
三雲の元へv歌ってるねぇv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<境界のRINNE2 19話 | 月読みの森 | 甘々と稲妻 7話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |