月読みの森

甘々と稲妻 10話

夏休み、かな?
車で海へ行ったのだが……つむぎちゃんは猫になりましたv
で、だっこされてうろんうろんv
…というか、なにかあったのかな?

小鳥ちゃんところへメールが
……友達と宿題をしていた模様…クーラーなしでv
で、魚はおろせないかととうているv
あじのお裾分けだってv
なんかつむぎちゃんの近所の家族が釣りをしていて……譲ってもらったらしい
なんか甘えん坊なのは……猫だからだってさv
しのぶちゃん、猫として会話v

魚ですが…お母さんは遅くて、やぎくんは客がいるからだめとかv

先生がおろすとv
うん忍ちゃんバッドで調べてできるよと、お母さんもいいよとv言ってるってさv
あ、つむぎちゃん食いついて……やる、とさvぱぱv
んで、つむぎちゃんは生魚あんましたえないので
でも生も食べたいので、
なめろうとさんがやきにv
んで、先生、三枚おろしに挑戦v
おおv
そんでつむぎちゃんも興味津々……かな?
まずは横のとこをとって、うろことってくびちょんぱv
次は内蔵で
んで次は……水ふきしてみをさんまいにおろすっとv

待ちきれなくて、…刺身であじみv
あ、つむぎちゃんもだv
んで、テンションだだあがりv
で、弐匹目も行きましたv…つむぎは…踊っているとかv
あ、皮むいて、骨とって細く切っていろいろとこねこねしていたら……しのぶちゃんあらで味噌汁つくるって
で、さんがやき、開始v
あらん、そこへやぎくんがいれて^っとv

みんなでいただきますとv

なめろうをのりで巻いてもうまうまとかv
あらん…やぎちゃん…骨せんべいをv…全部つむぎちゃんがたべちったv
うん……おかしをやぎちゃんが作れることをからかわれている間にv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マクロスΔ 23話 | 月読みの森 | 斉木楠雄のΨ難 9話?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |