月読みの森

食戟のソーマ弐の皿 11話

…じゅんちゃんとこで、スタジエールのことをキイとるねv
おおおおv一発退学もありとかv
でも…そーまは…喜ぶねv
で、合格の基準は…目に見える実績を残すとかでv
しょにちはひさこさんと二人でだってv
で、行ってみたら……すんごいクレームの店v
三代目の店主だって…みたむらさんv…ちょっとミーハーv
で、制服……に着替えて……
戦闘開始v
うん新幹線の最寄り駅になってから……一団が次々と来るとv
だけど…
そうまは……つっよいv
それに…ひさこさんも…奮起するv
で、褒められてるとv
で、
えりなさまは……恵ちゃんと一緒に……ごーまんにしとりますねぇv
三日目にはなんとかなっとるのだが
そこで………おじーちゃんの頃を理想に頑張りたいというのに、ひさこさんはいいねぇと
でもそーまは……悩む
他の奴らはとかいっとるが……えりなさまは……しっかりとしどうしゃとなっとるv
うん支配者だねぇv…シェフも頭を下げたv
で、ソーマの言葉に……ひさこはきづく…いなくなったらとv

緊急会議を開く、とv
恵ちゃんも役に立ちたいとさv…で、何かに気づくv
会議では……ちょっともめている…メニューを変えたらという…それにそーまがなにかをってv
恵ちゃんは…ソースの改善をしますとv
三田村は……完全予約制にしましたv
いろいろともめたけど…ひさこの言葉で……動き
シェフとしてナニがしたいかと……言われ
ふみきり
常連さんが戻ってきたとv
そんで、一応第一歩合格だってさv
んで、次は明日は続くとv
で、最後に…えりなのとこへもどるのだろっと言われて……落ち込むとv
そのえりなさまは……恵ちゃんとごいっしょv
そーまくんの話題は……NG
ひさこさんのことを言ったら…落ち込み…ちっと回想v
そのひさこは…となりに立てるのになればいいじゃんとv
そして、ほんとうにほしいものは……しがみついてはなすなと
ついでに…漫画を貸すという口実で行かせて
走って行くとv
で、そーまもがんばるっとv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<斉木楠雄のΨ難 10話? | 月読みの森 | はんだくん 10話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |