月読みの森

食戟のソーマ弐の皿 13話

スタジエールの途中v
アベルさんにいろいろと教えてもらうそーまちゃんv
そしてプレオープンの最終日
夜はコンペvまだ詰め切れていないとv
でもたどり着いてみせると…v
で、プレが終わり……先生や先輩方が来たよんv
おおv四宮母も呼ばれて……
おっ食事v
そこで…そーまがなんでフランス料理を選んだかと問われ……ちっさいときにフレンチを食べて……お母さんが笑顔になったので、ってさv
でも声に出しては言わないとv
代わりに言ったのは……初日のまかないのキッシュを語るとv
ついでに出店したのは、自分のルーツを見直すためだとさ
終わったら……母を送り出し……みんなは帰り…ませんv
で、裏方では……みんな覚悟があって…挑むけど…ソーマは覚悟とかは皿の上に置くとv
ポワレ………は……親父さんに教わっていたと
うん、そして……それがわかると
ので、俺が今やることは…………
今までの俺をぶちやぶること
おv
三人は終わり……そうまくんの番で
ウズラがまるまるで、親子丼ですってv
で、シェフが食べるvひなさんもv
…ウズラの中からリゾットと卵とv
しかも中身は…キャベツで包んでv
………うん…先生の蘊蓄があります…プロからナニを盗めるかだってv
で、そーまは………四宮シェフに一応認められてますvので、合格とさv
で、そーまは………師匠だってv
そして…激励vもらってますねv

そーすいさんvいいねぇv
りょうくんとアルディーニ弟とか兄とかv恵みとかにくみとか…いろんいろんv
あらv
そして
スタジエール終わってますv
で、もどったら…食戟だってv
あ、みんなももどってきたv
あ、
成長するためのえさがころがってるのが、遠月学園だってv
だよねぇv


そーまくんv
食戟しようとさv
成長に向けて貪欲だねぇv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<斉木楠雄のΨ難 12話? | 月読みの森 | はんだくん 12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |