月読みの森

斉木楠雄のΨ難 12話?

まずは班決め……修学旅行だってv
…しっかも、沖縄だって

女子は…てるはしさんとゆめはらさんはそれぞれにねんどうとかいどうが誤解しているが……人気すごすぎで
くじだとか
んで…なんとか一緒になるのだが…バイト少女が来れなくなって…違う班になったとv

で、夜
おにーちゃんが…怒鳴り込みに来たよv
で、一緒に行くつもりだってv
で、それをバイト少女に譲ると?
なのだが

台風直撃だってv
んで、みんな喜から哀だってv
で、台風来たら…中止になるらしいv
んで…楠雄くん…台風と戯れてきたらしいv
で…沖縄へv
行くのだが…かいどうくん酔っ払ったので……吐いていたが……くすおくん…のおかげでなんとかなったら
高橋も腹痛を起こして…………一日前に戻ったとv
で、次は……予知夢で……落ちるのを支えて防ぐとv
……疲れたのだね
そしてなんとかつくとv

かいどうくんは……方言をぽろぽろこぼして……うざがられてるとv
マングースとハブのショー…に入ったのだが…………だじゃれおじさんと
ビデオ見て終わりだってv
………しかも買わされたとv
あら、高橋くんたち…ちょっとすねすねv
てるはしさんたちは…もv何か企んでるとv
男どもは…のぞきだってvでもくすおに邪魔され…ねんどうのものに落ち込みv
女子は……男子部屋に突撃…
くすおくんは逃げて……寝てたら…てるはしさんに…制御装置を……はずしちゃいましたと
したら……ホテル消滅とかv…おねちょしたらしいv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マクロスΔ 26話 | 月読みの森 | 食戟のソーマ弐の皿 13話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |