月読みの森

TRICKSTER 3話

小林少年、明智探偵事務所に来て…俺がルールを言われてびっくりしてる間に…仕事任されたv
なんか息子さんのことですとかv
あら…で、探して欲しいってことだけど
小林少年は死ねばいいとかvいっとるねv
あら、金はアルのねv
んで、警察でも失踪事件あったのでついでに資料をくれたとさv
でも……之と行った情報はなしだってさv
んで、その中で、…トラブルもアルとv
でも……はなさき、小林を引き留めるv
そこで、浮浪者タチがいて、情報をいただくとv

ペルセポネーってとこに行ったのだが…門前払いv
ツーことで…壁を登って不法侵入v
して壁を壊したら…警備を呼ばれたv
で、隠れていたら……かくまわれたv
んで、試験中だなってv下の階だよと
んで何でいるのかと言えば…誰とも会わなくていいとか…死んだら誰にも言わずに処理してくれると
行ってくれたおっさんがどっかへ連れてかれるのを……見て後を追ったら……
なんか手術していたv
で、そのおっさんが監察医だってv失踪したv
で、ここにいるよーなやつに死ぬ度胸はないと
んで……隔離されている人たちに…真実を見せたよv
ついでに…警察にもv
で、
捜索人確保だってさv
ついでに……事件も解決v
小林少年…ちょっとねv

で、それに…いのうえくんは苦言を呈するけど
ルールを守ったから…小林少年、ここにいていいってさv

あら、20面相ちゃんかなv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<夏目友人帳 伍 3話 | 月読みの森 | タイガーマスクw 2話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |