月読みの森

夏目友人帳 伍 7話

今回は…田沼のターン
田沼のおばさんの旅館が改装するので、手伝いに来ないかとv
夏目うっきうきでv
先生もご一緒v
でも
田沼もうっきうきらしいv
んで
彼らは離れを使い
いとさんというすてきおばさま友知り合ってv
いいんだけど
夜中
ふと目を覚ますと何かが?????
んで
誰かになりすましているのだろうと、朝食が一人分消えていることからと、記憶が曖昧な野から発覚v

夏目が探る
……なかで、なんといとさんが
妖怪?であることが発覚
神社の守りらしい
面が盗まれたので、探していると
でも……誰にも行ってはならないと脅すv言えば、おまえも相手も殺さなくてはならないからとv
で、夏目は誰にも言わないvとーっぜんです

探す中でおじさんに直接聞いてたら……小っさい女の子がつけていて
追いかけたら楽しそうにしていたからだと
で、本とはカップルの片割れ女子v
とりあえず
取り戻した
いとさんも加勢してv
だけど、妖気に当てられて、……倒れる夏目
そして……明日は行こうと約束
その夜いとさんはどこかへいくというけど、……言わないからいられるだけ射て欲しいと願う
そして

みんなで祭りへと行き、
田沼もいとさんを怖いと思っていたけど
友達を見せたいんだとさv
いいねぇv
   拍手する
別窓 | 夏目感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クラシカロイド 9話 | 月読みの森 | タイガーマスクw 7話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |