月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 1話 

おやん子供がv

りんは朝から特訓してるけど、しゅらさんはあくしているっとv
で、一応アドバイスv
そんで、仕事だってv
さっきのとこねv
なんと…不浄王の左目が盗まれた土佐v封印されていたv
で、ガスマスクの男を追い詰めたのですが、さっきの子供を人質に籠城だって

こどものことで、ちっと喧嘩v
そんで、とうどうさんと一緒に奥へv
したらば…りんもきたよv
って…とうどうさん…あくまおちだって
で、ゆきおちゃんを動揺させてしまったよんv
んで……ゆきおちゃん処置をするのだけど……とうどうさんの言葉は毒をはらむとv
で、処置をして………子供を帰すと
だけど、……左目はしっかりと盗まれてしまったらしい…しかも京都の右目にも悶着あったらしいv
で、ゆきおちゃん、も、作戦に参加だってv
んで、そこで、ゆきおちゃんを追い抜くといったら……無理でしょうとv僕は僕だとさv
あらん、りんもいくってさv
んで、すぐろとかしまとかこねこまるとかしえみちゃんもいっしょだけど、……腫れ物扱いだってvでもいずもちゃんは……しっかりとひとつとばしたとこに座るとv
んで、
しゅらさん事情説明v
その後、いずもちゃん…りんちゃんいろいろというけど
すぐろちゃん…もねぇv
わかるけど、…確かに……りんちゃんには関係ないわなv
で、ゆきおちゃんも……いろいろと考えること有だねv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<昭和元禄落語心中 助六再び編 1話 | 月読みの森 | 本日より>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |