月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 2話

で、京都に着いて……
しまのにーちゃんがガイドでv
すぐろがぼんだってv…お母さんに怒られてるねv
ああ、寺はつぶれて、旅館を継いだんだってvお母さんがv
そんで……四人で看護の手伝いだってvだけど、…奥村くんはゴミ拾いとかだってv
しまのおとんを三人は見舞いv
で、ちっと思い話しv
で、その話題の主は、…りんにスイカをvで、いろいろとお話とv
した後、にげてったv
…のあと、口論だってvその場にリン居合わせて……あ、すぐろもだv
で、まむしは憎まれ口いうけど、すぐろはそれにああ、と
で、リンは……
あれ、で、回想だv

すぐろは……夜…親父に会いに行こうとするけどだめだってさv
ご飯は………強制的にしまと食べるとv
そんで、なぜかvしゃべってて、しまくんと和解かな?
で、すぐろも一人で………食べながら、
また回想
で、そこで、みょうだは騎士団に所属するってさv
でも、おやっさんは…エクソシストにはならんっとさv
で、そこにうわばみさんがきたよv
んで、いろいろと話しv
そんで、また回そうやって…で、おとんとぼんの話ですなv
つか、ぼんはおとんがすきなんやなv
りんは…おやじの夢v
ゆきおは………仕事v
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3月のライオン 13話 | 月読みの森 | 昭和元禄落語心中 助六再び編 2話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |