月読みの森

3月のライオン 13話

とりあえず、スミスさんご飯食べて頭の中で棋譜を展開v
かな?
そしてお出かけvその間も……いろいろv
あ、桐山くんの姿を見て、しかも集めていた寄付は、島田さんと後藤さんだけなのを思いだし、……腹立つけど
勝つビジョンがないらしいねぇv
で、
将棋会館で、後藤さんと対局……
そして、解説付きで対局は続く
頑張るけど、後藤…びくともしないとv

一撃を食らって……負けたらしい
外は雪だ
で、軽いなと言われているね、ちょっと重いとも…んで、解説して…迷うなとさv
上から目線だねぇv
そんで、
帰り……空き缶でかけごとして
猫を拾って帰りましたとv
で、一方の零くんは………
あれは挑発だと言い聞かせて……
島田開さんとの棋譜を見て、勉強しつつ、対局へと向かうとv
そんで、始まりv
さしていると、……あれ? 攻めているはずなのに、守りに?
で、相手を見たら……やっとこっちを見たなとv
で、回想vあ、二階堂さん来て、島田さんとお話お話v……桐山くんの頭をかち割って欲しいとさv
んで
続きをvってさv
どーするvどーするv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クラシカロイド 15話 | 月読みの森 | 青の祓魔師 京都不浄王篇 2話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |