月読みの森

鬼平 3話

なんだなんだ?
鬼平ちゃんが覆面の誰かと切り結びまさうっと…できるなとか?
で、化粧のにおいとか
あら、どなんでしょう
って、敵持ちですか…で、お世話になっている家では女中が?
って、あらららん……鬼さんを金づくでたのまれたらしい
あ、くめさんがその人を探ってきたv
で、帰りに……襲われたvくめさんたすけたっとv
でも…足くじいたねv
で、その侍さんは……血の幻想にのたうち回り……女中さんが介抱したと
んで……羽衣せんべい買ったとこで女将さんのつけてた髪油……があいつのだとv
で、見張り見張りv
あら、女中さんは怒られつつも……浪人さんも…まんざらでもなし?????
そんで………買いに行ったのねv
そこに行くけど………あららんv返り討ちvで、にげられたv
で、もどったら…女中さんが怒られていた…ので
浪人さんが切っちゃった
そんで手を取り………にげたのか
で、指名手配されて………
くめが見つけて見張っていたら……身の上話しだしたv
んで…にげようと言うけど……仕事が一つ残ってるってさv
で、ソレを鬼ちゃんは囮になり……腹ごしらえをする
男は……入っちゃったよv
で、ソレ見ていた男が脂汗v
んでおそったけど……………返り討ちにv
ああvそんで
にげたら………っさきの男に殺されたっとv…もりためのすけだってv
あーららら
んで
江戸を離れようとしたのだが……
そこにおさきがいたv
来ない人を
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱虫ペダル NEW GENERATION 4話 | 月読みの森 | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 42話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |