月読みの森

鬼平 4話

おまさちゃん登場v
皆さんの前でご挨拶v
で、獄門になるのなら…鉄ちゃんの手でと名乗りでてきたらしい
だけど、…妹分に見つかって……頭が殺しちゃったらしい
そんで…それを気にしすぎ………て、今度は急ぎ働きでってことで言いに来たらしい
で…用心深いので……いぬにっとv
んで昔話を……したっとv
おとうさんが盗人で……酒屋をやってて……そこの子だってv
今も……目を見りゃわかるとさv

奥様はできた人ですv
そして
おまさのもとへ彦十がいって…つなぎがあって……後をつけてるねv
で、どっっかにたどりつくとv
あらん…………後ろから…襲われている
で、どこかへ連れ去られたのねv
んで、血の跡が………あったとv
それを追いかけ…彦十を戻して……ひとり入り込んだら
おまさ………辱めを
ソレ聞いて……鬼平は……縛られたおまさをたすけにはいるっとv
で、おまさをかくして………相手をするとv
うん…ちょっと多勢に無勢だねぇ
ってとこで部下の皆様が駆けつけたv
で、彦十におまさを助けに行けとさv
んで……大団円、かなv
そして
ずっと鬼平さんのためにいるってさv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱虫ペダル NEW GENERATION 5話 | 月読みの森 | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 43話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |