月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 7話

うん…遺書になったねぇ
たつまの手紙
で…りんは……助けたいといい
それにしゅらさんよっしと
刀を渡して…抜いてみろというけど…抜けないっとv
うん………怖いらしい
ってそこに………フェレスさんがきて、…りんくんの処刑が決定したので、牢屋に回収
して、…いろいろとv
そんでじゅうぞうさんは……連絡で、
フェレスは装備品を渡して消えたv
……ゆきおは……ねv
あ、じゅうぞうさんとこでは………まむしが……事情説明……
して、倒して欲しいと……じゅぞうのおやっさんは指示をしとる
んで…ぼんたちは宿へ戻れとさ
で、…そこへしゅらさん…ぼんたちにリンを助けろとさv
…みんなの意思に任せると
したら、しえみちゃんは助けようと……
ぼんもいき、こねこまるも…いずもちゃんも、
しまくんは…めんどくさなって……いったとv
で、ろうやの悪魔?…は、敵対するのは時間を止められるとv
でもしえみは…弱いから敵じゃないと
で、しえみは…………扉を開けて…
中では……りんがぐーるぐるしていたv
んで、そこにしえみが来て死んだ方がいいといい、しえみは突き放さないでと
で、リン炎を出すけど熱くなくて
そっと抱きしめるっとv
それに慌てるけどねv
あ、もどったvそんでそこにみんながいるのを見て泣いちゃったとかv
ぼんは…もvvvv
そして怒る理由も…斬新ですっとv

で、皆さんも行くとv
さってとどうなるっkなあv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3月のライオン 18話 | 月読みの森 | 昭和元禄落語心中 助六再び編 7話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |