月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 8話

とりあえず、瘴気が広まっとりますな
で、ぼんたちはおとんを探すと
しゅらはあやまるけど……ゆきおに正直にナレと言い置いて
戦いにとか…うん、召喚だって
んで…5人分のかごを与えるってさv
たりんけどv
あ、ぼんたちは…おとんを見つけて、かるらさんとも接触v
あらん、かるらは契約履行中やて…せやからおとんは殺させんてさv
あ、んで、不浄王の倒し方を説明v
ってさv
だけど……剣を抜けないってさv
だけど………おとんは無理だなとvかるらちゃんv
で、血のつながりあればいいというけど…おとんは…それだけはあかんてさv
ソレ聞いて、ぼんは…俺も背負うとv
で…継承して…おとんは伝えるとv
そんで……ぼんは行くと
しまとこねこまるはちっと躊躇するけど……りんもいくと
そんでぼんとりんが行くとv
あら、ゆきおちゃんは藤堂と遭遇
で、いらん世間話とかv
りんは…くろに乗せてもらう
しまとこねこまるは不浄王に足止めv
しえみちゃんたちはおとんを
ゆきおは藤堂にもてあそばれているのか?

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3月のライオン 19話 | 月読みの森 | 昭和元禄落語心中 助六再び編 8話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |